VOICE お客様の声

周南市 H様

外観

家づくりは可能な限り自分たちの手で。
個性あふれる薪ストーブの家。

●家づくりのきっかけ

住んでいた社宅はかなり古く、屋内に虫まで出るような状況に悩んでいました。しかし、今後の子育てを考えてより良い環境で暮らしたいと思い、「今こそ夢だったマイホームを実現する時!」と、家を建てることにしたのです。家づくりはできるだけ静かな環境の土地を探すことからスタート。実家と職場の中間に見つかった今の土地は、目の前に田園風景、背後に公園という緑豊かな場所で、私たちの理想に近いものでした。

●ヒロノハウジングとの出会い

写真ヒロノハウジングさんの完成見学会の広告を見たことをきっかけに、ヒロノさんだけでなくいろいろな会社の見学会に参加しました。その中で、ヒロノさんで家を建てようと思ったのは、完成した家を見て同じような家が一つもなくどれも個性的で、自分たちの理想とする家の姿に近かったからです。

一度、「玄関ドアを造作にしてほしい」と他の工務店に相談してみたことがあったのですが、「それは難しいですね」といった感じで受け入れてもらえませんでした。そんな細かいわがままもヒロノさんでは最大限聞いてくれましたし、プランニングでも、1つの要望を投げかけると10のアイデアが返ってくるほどの提案力で、とても頼もしく感じました。

写真間取りは私たち夫婦が手描きでパースのようなものを作って要望を表現し、それが実現できるかどうかをプロの目で判断してもらってプランニングを進めていくというやり方。最初に思い描いていた家の形と最終形ではかなり変わりましたが、それだけ納得のいく家にすることができたと思います。

写真

●どんな家になったか

写真プランニングにおける私たちの要望は、「外壁をガルバリウムに」、「リビングに吹き抜けを」、「和室の確保」、「家事動線をスムーズにするためキッチンと洗面脱衣室を近くに配置」、「できれば薪ストーブを導入したい」ということが主でした。

家の中心となるLDKは、私がどこかに使いたかったOSB合板を中央の壁にあしらい、その他の壁は自然素材であり質感も好きな珪藻土塗りに。
コストダウンを図るため、施工は自分達で手がけました。床材には北欧のマツを使用し、塗装の色にもこだわっています。リビング階段はクールな印象のスチール製に。内装はインテリアコーディネーターの資格を持つ妻が主体となって決めました。

妻はタイルが好きなので、キッチンの壁や洗面室、浴室などに好きなタイルを貼ってアクセントをプラス。好きな映画『かもめ食堂』をイメージして選んだタイルを貼ってもらいました。

写真そして、我が家の一番の特徴は、お義父さんと私が作ったものがかなりあること。玄関ドアのステンレス製の取っ手や、子ども部屋の梯子とロフトの手すりはお義父さんの力作ですし、ウッドデッキなどの外構や下駄箱、ダイニングテーブルは私が自作したものです。造作してもらったものも多く、完全な既製品は浴室のドアくらいのものでしょうか。それだけ自分たちらしさが生かせた家になっていると思います。

写真

●住み心地、使い勝手、気に入っているところ

写真設計の段階で通風にも配慮し、洗面脱衣室とLDKの間の壁には上部に窓を開口するなどの提案をしていただいたおかげで、冬はLDKの薪ストーブで暖まった空気が洗面脱衣室にも流れるため、寒さに震えることもありません。この薪ストーブ、思い切って導入して良かったです。放っておいても朝までほんのり暖かさが残り、妻は「薪ストーブのおかげで苦もなく早起きできる!」と断言しているほど。冬の来客時には薪ストーブで焼いたピザをふるまうこともあります。

写真

家事動線も狙い通りにスムーズですし、造作したお気に入りのキッチンから家全体の様子が分かり、妻は好み通りに貼ったタイルを見るたびに幸せを実感しているようです。

写真ヒロノさんにはわがままを全部聞いてもらえ、他社ではできない家づくりを叶えてもらえました。要望を実現しつつ、コストダウンが図れるところは図り、予算の範囲内でマイホームを建てることができ、喜んでいます。

実は、今日は友人を招いてBBQを楽しむ予定。これからも家族全員でこの家を楽しんでいくつもりです。

▲