VOICE お客様の声

周南市 S様

外観

自然素材へのこだわりで実現した、
体に優しく家族の気配が感じられる家。

●家づくりのきっかけ

それまでは賃貸住宅に住んでいたのですが、モデルハウス見学を機に「そろそろマイホームを建てたい」と思うようになりました。その後、通勤に便利なエリアを考え、その中で土地を探していたところ、新興住宅地の中にあった今の土地がたまたま見つかって妻が一目惚れ。この土地が見つかったことも、マイホームを建てる後押しになりました。

●ヒロノハウジングとの出会い

真剣にマイホームを建てることを検討し始めた頃、タウン誌でヒロノハウジングさんを知り、見学会に参加しました。

素敵な家だったことはもちろん、偶然にも社長さんが中学の同級生!
しかも、自分たちが建てたいように自由に設計できるということに魅力を感じ、家づくりを依頼しました。私たちが建てたかったのは、「とにかく体に優しい木の家」。私はずっと木の家に憧れていて、妻は新建材を使った家だと目に痛みを感じるアレルギー体質だったため、体に優しい素材を使った家にしたかったのです。そのことを伝えると、ヒロノさんから自然素材の内装と、地元の気候風土に合った山口県の木材を使うことを提案されました。

写真
地元で育った木の家に住むことは安心安全にもつながると思い、山口県の木材を使った家にしました。自分たちでも家についての勉強をし、建築中も他の家の見学会に参加。打ち合わせでは自分たちの要望をしっかり伝えて形にしてもらい私たちの建てたい家を、妥協することなく形にしてもらえました。

写真

●どんな家になったか

写真木をはじめとした自然素材へのこだわりをしっかり反映した家になりました。 構造材にはヒノキや杉、内装材には松や杉など山口県の木材や塗り壁にしました。

吹き抜けのリビングには以前より欲しかったチェアタイプのハンモック。梁が大きいので余裕で取り付けられました。間取りはLDKを中心に、家のどこにいても家族の気配を感じたり足音が聞こえるようプランニング。キッチンは、私も料理をするので妻と二人で立てるようにできるだけ広く確保してもらいました。

 

写真2階踊り場のスタディスペースは、私たち夫婦も使えて子どもも勉強するために使える空間です。1階の階段下とともにカウンターを造り付けてもらったことで、学習机やテーブルなどを用意する必要もありませんでした。実は、家を建てたのは子どもがまだ産まれていない時。しかし、いずれ子どもは独立していくので、子ども主体で考えず、夫婦二人が長く暮らしやすいように考えて家づくりを行ったことは正解だったと思います。

もう一つ、導入したかったのが見学会で見た蓄熱暖房器。冬は寒い地域なので、冬の空調対策は必須でした。この蓄熱暖房器だと家全体がふんわりと温もるため、とても重宝しています。

●住み心地、使い勝手、気に入っているところ

吹き抜けのリビングはとても開放感があり、一日中明るく風通しも良いので本当に快適です。リビングと一体化して使える和室を設けたのも良かったですね。

和室は子どものおもちゃをまとめて置く場所としても便利です。洗濯物を干すサービスコートや、突然の来客時でもすぐに物を収納できる家事コーナーなど、随所に便利な空間があるのもうれしいですね。

家を建ててから5年が経ちますが、いろいろな家を見るのが楽しくて、今も他の家の見学会に参加しています。それでも、我が家に帰ってきたら二人で「やっぱり自分たちの家が一番いいね」と今も再確認できるほど自慢の家ができたと自負しています。我が家に入ってきた人は口々に「木の香りがとてもいいね」と言ってくれるのもうれしいですね。

ヒロノさんには、完成後もアフターメンテナンスをしっかりしていただいていますし、要望をすべて叶えてもらえたといっていいほど満足のいく家づくりができて感謝しています。

▲